Product 『應龍』 “Yinglong”

20160900
作品名:『應龍』(Yinglong)

應龍(おうりゅう)とは翼を持つ龍の事を言う。中国の小説「述異記」では、「蝮(まむし)は五百年にして雨竜となり、雨竜は千年にして成竜となり、成竜は五百年にして角竜となり、角竜は千年にして応竜になり、年老いた応竜は黄竜と呼ばれる。」とある。また「瑞応記」では、応竜は四竜(青竜、 赤竜、白竜、黒竜)の長と記されている。

 

「應龍」(額装仕様)
プリントは長期保存に耐えられるように、美術品、重要文化財の複製にも使用されているジークレー版画を選択(ジークレー版画は、通常の写真のプリントではありません。詳しくはこちら。)。額も作品の一部ですので、作風を損なわない事はもちろん、洋風和風、場所を選ばず飾れる様な額を選びました。輸入フレームの中から、このフレームをF6サイズでオーダー。紙はいろいろと試した結果、フランス キャンソン社のアルシュ水彩画用紙をセレクト。(保存性は150年。厚手で粗めの凸凹が特徴、コットン100%の中性紙。)

wpproduct2

*価格 2万5千円。(税込)
*フレームサイズF6(478mm×385mm)外寸になります。
*フレーム幅(38mm)/フレーム厚さ(22mm)/色:黒/材質:木+コート
*前面板アクリル(低反射アクリル、紫外線カットアクリル使用。)
*作品サイズはF6(410mm×318mm)ですが、
フレ-ムから見えるサイズ(400mm×308mm)です。
上下左右5mmずつ隠れる事になります。
尚、上記サイズは現物から採寸しました。1mm前後の誤差はご容赦下さい。
*紙:CANSON社・アルシュ水彩画用紙(From France)
厚手で粗めの凸凹が特徴のコットン100%の中性紙。
一般的なガラス内に展示した場合の保存性は150年です。
*納期:10日~2週間。
額装工房の受注状況に因り、多少遅れる事があります。
*裏面には、雅号である”螭龍“(chilong)の落款印を押印。

wpproduct3

 

☆ご注文の流れ☆

ご注文はメールにて承ります。(下記のフォームからどうぞ。)

下記の2点に関してお知らせ下さい。
・作品の送付先。(お名前、ご住所、お電話番号。)
・振込先(みずほ銀行/三菱東京UFJ銀行/ゆうちょ銀行。)

ご注文後、こちらの連絡先、振込先、送料を含めた合計価格をお知らせ致します。
(入金後お手数ではありますが、ご一報頂ければと思います。)
入金が確認出来ましたら、直ちにプリントを発注、同時に額も発注致します。両方が揃いました後、プリントチェックし落款印押印(裏面)の上、額装、梱包して発送致します。万が一、プリント工房にてミスがあった場合や額に不具合があった場合、その分発送も遅れます事をご了承下さい。撮影の仕事で東京に居ない時もありますので、その旨に関しましてはご注文時にお知らせ致します。そういった事を考慮しまして、お急ぎや期日指定のご希望にはお応え出来ない事があります事をご容赦願います。また、発注後のキャンセルはお受け出来かねます事をお含み頂ければと思います。

 

☆作品について☆
・直射日光や照明が直接当たる所や気温差の激しい所には飾らない様、ご注意下さい。
・湿度は紙質の変化や結露の心配がありますので、除湿器等をお使い頂く事をお勧め致します。
・落下時の破損の危険を考慮し、ガラス板ではなく高級アクリル板を選択しました。
・アクリル板は静電気が起き易いので、お手入れは湿らせた柔らかい布をご使用下さい。
(アクリルはガラスより傷が付き易いので優しく拭いてあげて下さい。)
・ご覧頂いているモニターに因り、色味や濃さに多少差異がある場合があります。

 

☆クレジットカード決済対応☆
クレジットカード決済をご希望の方用に、Creemaと言うサイトでも販売しています。
クレジットカード払いの他に、銀行振込、コンビニ払い、ドコモケータイ払いにも対応しています。
(詳しくはこちら

 

☆そして☆
2017年、銀座の交通会館で開催される絵画展にて、展示・販売を行う予定です。
日程に関しましては、また後日お知らせします。

 

ご注文、お問い合わせは下記フォームからどうぞ。